2011年07月17日

鉄腕アトムシリーズ

『鉄腕アトム』は手塚治虫作の漫画作品で1952年から1968年まで光文社『少年』に連載された。
TVアニメは第1作は1963年1月1日から1966年12月31日までフジテレビ系列で毎週火曜18:15〜18:45→毎週土曜19:00〜19:30まで、第2作は1980年10月1日から1981年12月23日まで日本テレビ系列で毎週水曜19:00〜19:30まで、第3作(アストロボーイ・鉄腕アトム)は2003年4月6日から2004年3月28日までフジテレビ系列で毎週日曜日9:30〜10:00まで放送された。

アニメ第1作OP1『鉄腕アトム』

アニメ第1作OP3『鉄腕アトム』


【アニメ第1作声の出演】
アトム:清水マリ、田上和枝(代役)
ウラン:水垣洋子、武蔵礼子、芳川和子
お茶の水博士:勝田久
【アニメ第1作スタッフ】
原作:手塚治虫
文芸:石津嵐
脚本:手塚治虫、桂真佐喜、豊田有恒、鳥海尽三、石津嵐、富野喜幸、鈴木良武 ほか
演出:手塚治虫、坂本雄作、出崎統、杉井ギサブロー、林重行、山本暎一、鈴木伸一 ほか
音楽:高井達雄
制作協力:スタジオ・ゼロ(第34話『ミドロが沼』の下請け)、ピー・プロダクション(第93話から第144話まで下請け制作)など
広告代理店:萬年社
制作:フジテレビ、虫プロダクション

アニメ第2作OP『鉄腕アトム』

アニメ第2作ED1『未来に向かって 〜ニュー鉄腕アトム〜』


【アニメ第2作声の出演】
アトム:清水マリ
ウラン:菅谷政子
お茶の水博士:勝田久
【アニメ第2作スタッフ】
原作:手塚治虫
企画:吉川斌
プロデューサー:武井英彦、山本智
音楽:三枝成章
美術監督:石津節子
撮影監督:菅谷信行
録音監督:中野寛次
音楽ディレクター:鈴木清司
プロデューサー:山川紀生
文芸担当:寺田憲史
監督:石黒昇
動画チェック:吉村昌輝、山崎茂、吉沢政江、篠崎俊克、辻佳宏、宇田八郎、高橋正、保田康治、杉山京子、簗田由美
色指定:川崎智子、井上悦子、鈴城留美子、鈴木一海
仕上検査:平山礼子、中間秀美、伊藤幸世、篠原和子、金原芳治、松葉美沙子
特殊効果:田崎正夫、前川孝、田中芳夫
美術補:熊谷聡、脇威志
編集:井上和夫、坂本雅紀
タイトル:タイトル87
録音技術:前田仁信
音響効果:倉橋静男
設定デザイン:尾中学、清水恵蔵、小和田良博
メカデザイン:青井邦夫、錦織正宣、清水恵蔵、小和田良博
設定進行:小熊公晴
制作進行:土屋貴彦、松崎義之、井上博明、下平好則、三浦亨、宇田川益弘、川崎健司、竹山澄夫、鈴木一海、山脇秀隆、久保田稔、秋田健作、靱矢直人、近藤篤弘、須永司、中村実
文芸進行:宮本昌孝
制作事務:浅野加寿
制作資料:久保田稔
制作デスク:土屋貴彦
演出助手:小熊公晴、小笠原輔則、石田普一
プロダクションマネージャー:松谷孝征
録音制作:東北新社
現像:東洋現像所
制作:日本テレビ、手塚プロダクション

アニメ第3作OP1『true blue』

アニメ第3作OP2『Now or Never』


【アニメ第3作声の出演】
アトム:津村まこと
ウラン:丸山美紀
お茶の水博士:勝田久
【アニメ第3作スタッフ】
原作:手塚治虫
製作:松谷孝征、町田治之、森隆一
企画:清水賢治、金田耕司、清水義治
プロデューサー:久保田稔、風間康久、林紀夫、松崎薫、高瀬敦也
ストーリーエディター:マーク・ハンドラー
キャラクターデザイン・総作画監督:瀬谷新二
アニメーションディレクター:望月敬一郎
メカデザイン:荒牧伸志、高倉武史
美術監督:加藤ひろし
背景:美峰、手塚プロ
撮影:高橋プロダクション
デジタル撮影:T2スタジオ
撮影監督:高橋宏固、野口肇
色彩設計:岡野強、吉田めぐみ
テクニカルディレクター:高橋賢太郎
BGスキャン:小川猛
色調整:鈴木美保
音楽:吉松隆
音楽監督:磯田健一郎
音響監督:三間雅文
音響効果:倉橋静男
録音:内田誠
録音助手:藤林繁
スタジオ:アオイスタジオ
音響製作:テクノサウンド(中島朋子)
編集:森田編集室
ネガ編集:岸眞理
タイミング:吉川富雄
特殊効果:榊原豊彦
デザイン協力:神村幸子
現像:東京現像所
HDフォーマット編集:ソニーPCL
監督:小中和哉
制作:フジテレビ、手塚プロダクション、ソニー・ピクチャーズエンタテインメント、電通
posted by スーパーゲーマーまさかず at 18:31| Comment(0) | TrackBack(0) | TVアニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。