2011年06月13日

テレビ新広島

テレビ新広島は、広島県を放送対象地域とするフジテレビ系列のテレビ局。1975年10月1日開局。コールサインはJORM-DTV。マスコットキャラクターは『テレビ新ヒーローティエスエス』。

オープニング(1985年頃 - 2000年9月)

『もしもひろしまに』♪ダーク・ダックス
童話の主人公がもしも広島にやってきたなら…というアニメーションで綴られた映像を流していた。なお、作曲はビリーバンバンの菅原進である。オープニングの方は長らく日本最長ではないかと思われていたが、2006年9月にテレビユー山形が10分オープニングに変更したために記録が破られた。但し、1994年頃からクロージングでは演奏時間が長いからかこの曲は流れなくなり、単にコールサインの読み上げと『本日の放送を終了します』というテロップが出るだけになった。
オープニング(2000年10月 - 2006年9月30日)

『テレビ新ヒーローのテーマ』
ホワイトバックにコールサイン・局名の読み上げし、画面がブラックアウト。広島各地(基町クレド、旧広大跡地、呉ポートピアパークなど)をロケ地に『テレビの未来を守る為』に未来からやってきたTSSの社員3人、テレビ新ヒーローが活躍する。メンバーは、新広子(あたらし・ひろこ、24歳。TSS未来制作局タイムキーパー)、島映造(しま・えいぞう、22歳。TSS未来制作局セールス担当)、島豊映(しま・ほうえい、22歳。TSS未来制作局システム担当。島映造の弟)からなる。時期的にBSデジタル放送の開始時期であったため、必殺技が『地上波ビーム』、『地上波サーベル』、『地上波ブーメラン』と名付けられており、地上波テレビであることを強調するような内容となっている。オープニング・クロージング別に初のテーマソングが設定されている意欲的な作品である。但し2005年4月以降クロージングは別のものに変更されている。
クロージング(2000年10月 - 2005年3月)

『テレビ新ヒーローのララバイ』
テレビ新ヒーローが車でTSS本社に戻る映像。広島各地(広島市内のスカイカメラ、走行中の道路、海と埠頭、呉ポートピアパーク、広島市の夜景)の夕焼け〜日暮れの映像。最後にネオンのTSSの鉄塔の映像。その後、ホワイトバックにコールサイン・局名の読み上げをしたあと、TSSを残し『本日の放送は、これで終了します』というテロップで締めくくった。
posted by スーパーゲーマーまさかず at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | TVOPED | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/211470429

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。