2011年06月27日

毎日放送

毎日放送は、近畿広域圏を放送対象地域とするTBSテレビ系列のテレビ局。1959年3月1日開局。コールサインはJOOR-DTV。マスコットキャラクターは『らいよんチャン』。

オープニング(開局 - 1984年)

フィルム映像時代のものであり、4のマークと日の出と千里丘放送センターをバックにしている。
オープニング(1990年9月 - 2003年11月)

局舎(スタジオ内部や副調整室などの映像を盛り込んだ)とその周辺の映像が使用され、冒頭の茶屋町社屋のガラス窓には懐かし番組や自社製作番組『あどりぶランド』『まんが日本昔ばなし』などが映る。
クロージング(1990年9月 - 2003年11月)

オープニング(2003年12月 -)

クロージング(2003年12月 -)

デジタル放送開始に併せてハイビジョン(アナログ放送は、16:9レターボックス放送)によって制作された、サービスエリアである関西各地の名所や局舎・副調整室の様子を織り込んだ映像と前バージョン放映中に変更されたBGMを使用した新バージョンになった。これまでと同様、オープニングとクロージングでは内容が異なる。
posted by スーパーゲーマーまさかず at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | TVOPED | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月25日

忍者ハットリくんシリーズ

『忍者ハットリくん』は藤子不二雄A作の漫画作品で、1964年から1968年まで光文社『少年』に連載された。
特撮版は1966年4月から9月、1967年8月から1968年1月までNETテレビ(現:テレビ朝日)系列で毎週木曜19:00〜19:30(1作目)→毎週水曜19:30〜20:00(2作目)まで放送された。

2作目第1話 プロローグ&OP


【キャスト】
ハットリくん:野村光徳、熊倉一雄
ジッポウ:丸山裕子
ケン一:高宮克己
【スタッフ(1作目)】
企画:吉川義一(NET)、宮川輝水(東映京都テレビプロ)
脚本:服部半蔵(井上ひさし、山元護久)
撮影:平山善樹
美術:川上忠
殺陣:上野隆三
タイトル:スタジオ・ゼロ
音楽:小川寛興
監督:島津昇一、小野登
制作:NET、東映
【スタッフ(2作目)】
プロデューサー:吉川義一(NET)、扇沢要、斉藤頼照(東映)
脚本:浪江志摩、服部半蔵、ゆき・はじめ、保科静夫、辻真先、島津昇一、戸田幸雄
音楽:湯山昭
助監督:山口和彦、太田安則、伊藤俊也、戸田幸雄、三堀篤、野田幸男、内藤誠
進行主任:武田英治、阿部征司、坂本年文、坂上順
現像:東映化学工業株式会社
監督:島津昇一、小林恒夫、小山幹夫
制作:NET、東映
posted by スーパーゲーマーまさかず at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月24日

キテレツ大百科 #2

今回の『キテレツ』はED集!

ED2『レースのカーディガン』

ED4『フェルトのペンケース』

ED6『はじめてのチュウ』

ED7『HAPPY BIRTHDAY』


【声の出演】
木手英一:藤田淑子
コロ助:小山茉美→杉山佳寿子
みよ子:荘真由美→本多知恵子
ブタゴリラ:大竹宏→龍田直樹
トンガリ:三ツ矢雄二
勉三:肝付兼太
【スタッフ】
原作:藤子・F・不二雄
企画:石川泰平→清水賢治(フジテレビ)、片岡義朗(ASATSU)
監督:葛岡博→早川啓二
総作画監督:丹内司、小林一幸、渡辺はじめ、時永宜幸、山内昇寿郎
美術監督:小林七郎→柴田聡
撮影監督:杉村重郎(一時期は清水泰宏)→枝光弘明
音響監督:小松亘弘
音楽:菊池俊輔
プロデューサー:清水賢治→和田実→鈴木吉弘→鈴木専哉(フジテレビ)、片岡義朗→石川一彦→山崎立士→杉山豊 (ASATSU)、若菜章夫(ぎゃろっぷ)、菅野てつ勇(STAFF21)
脚本:雪室俊一、山田隆司、青島利幸、並木敏、山崎忠昭
絵コンテ・演出:葛岡博、福留政彦、高本宣弘、えいひさゆき、井上修、前園文夫、阿部司、石井文子、水谷貴哉、池田はやと、はしもとなおと、北里陽、なみきまさと、棚橋一徳、早川啓二、森健、中村孝一郎、家本泰、佐藤真人、青山弘、山口武志、関むさし、佐々木和宏、川瀬敏文、松川智充、ゆうきしょう、内藤孝、日色如夏、鶴田寛、北原健雄、河田まこと、下司泰弘、田部伸一、石崎すすむ、渡辺慎一、野田作樹
作画監督:尾鷲英俊、高橋明信、江口摩史介、渡辺はじめ、山内昇寿郎、後藤真砂子、佐藤好春、大島秀範、生野裕子、宍戸久美子、山本哲也、松岡秀明、小林一幸、時永宜幸、末吉裕一郎、村木新太郎、坂巻貞彦、なみきまさと、入江篤、進藤満尾、中尾友治、岡迫亘弘
音響制作:青二企画
効果:イー・アンド・エム・P→片岡陽三
選曲:ビモス、宮下滋
録音:タバック、蔵本貞司
音響プロデューサー:黒田洋
アニメーション制作:スタジオぎゃろっぷ
制作:フジテレビ、ADK
posted by スーパーゲーマーまさかず at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | TVアニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月22日

スーパーマリオアドバンス3

『スーパーマリオアドバンス3』とは、2002年9月20日に任天堂から発売されたゲームボーイアドバンス用のアクションゲームである。

ロウスコア ひみつ1『おそらのうえでアスレチック』

ロウスコア ひみつ2『おしろのなぞかな?おうようへん』

ロウスコア ひみつ3『モーフィングでGO!GO!』

ロウスコア ひみつ4『テキをつかってきりぬけようね!』

ロウスコア ひみつ5『アイテムってべんりだね!』

ロウスコア ひみつ6『はてしないヨッシーのせかい』
posted by スーパーゲーマーまさかず at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | TVゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月21日

B'z

B'zは、松本孝弘、稲葉浩志の2人で構成される日本の音楽ユニット。ビーイング傘下のレコード会社(レーベル)、VERMILLION RECORDSに所属。公式ファンクラブは『B'z Party』である。

17thシングル『love me,I love you』

18thシングル『LOVE PHANTOM』

31thシングル『ultra soul』

40thシングル『衝動』

44thシングル『SUPER LOVE SONG』
posted by スーパーゲーマーまさかず at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月20日

テレビ信州

テレビ信州は、長野県を放送対象地域とする日本テレビ系列のテレビ局。1980年10月1日開局。コールサインはJONI-DTV。マスコットキャラクターは『マイチャン。』。

オープニング(開局 - 1990年代)

みつめあえばそこに 長野の人々と風景
クロージング(開局 - 1991年頃)

みつめあえばそこに 夜の善光寺の風景と長野駅前の夜景
posted by スーパーゲーマーまさかず at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | TVOPED | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月13日

テレビ新広島

テレビ新広島は、広島県を放送対象地域とするフジテレビ系列のテレビ局。1975年10月1日開局。コールサインはJORM-DTV。マスコットキャラクターは『テレビ新ヒーローティエスエス』。

オープニング(1985年頃 - 2000年9月)

『もしもひろしまに』♪ダーク・ダックス
童話の主人公がもしも広島にやってきたなら…というアニメーションで綴られた映像を流していた。なお、作曲はビリーバンバンの菅原進である。オープニングの方は長らく日本最長ではないかと思われていたが、2006年9月にテレビユー山形が10分オープニングに変更したために記録が破られた。但し、1994年頃からクロージングでは演奏時間が長いからかこの曲は流れなくなり、単にコールサインの読み上げと『本日の放送を終了します』というテロップが出るだけになった。
オープニング(2000年10月 - 2006年9月30日)

『テレビ新ヒーローのテーマ』
ホワイトバックにコールサイン・局名の読み上げし、画面がブラックアウト。広島各地(基町クレド、旧広大跡地、呉ポートピアパークなど)をロケ地に『テレビの未来を守る為』に未来からやってきたTSSの社員3人、テレビ新ヒーローが活躍する。メンバーは、新広子(あたらし・ひろこ、24歳。TSS未来制作局タイムキーパー)、島映造(しま・えいぞう、22歳。TSS未来制作局セールス担当)、島豊映(しま・ほうえい、22歳。TSS未来制作局システム担当。島映造の弟)からなる。時期的にBSデジタル放送の開始時期であったため、必殺技が『地上波ビーム』、『地上波サーベル』、『地上波ブーメラン』と名付けられており、地上波テレビであることを強調するような内容となっている。オープニング・クロージング別に初のテーマソングが設定されている意欲的な作品である。但し2005年4月以降クロージングは別のものに変更されている。
クロージング(2000年10月 - 2005年3月)

『テレビ新ヒーローのララバイ』
テレビ新ヒーローが車でTSS本社に戻る映像。広島各地(広島市内のスカイカメラ、走行中の道路、海と埠頭、呉ポートピアパーク、広島市の夜景)の夕焼け〜日暮れの映像。最後にネオンのTSSの鉄塔の映像。その後、ホワイトバックにコールサイン・局名の読み上げをしたあと、TSSを残し『本日の放送は、これで終了します』というテロップで締めくくった。
posted by スーパーゲーマーまさかず at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | TVOPED | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月11日

ドンキーコング

『ドンキーコング』は、テレビゲーム『スーパードンキーコング』シリーズを原作としたテレビアニメである。
全40話だが日本では39話まで放送し、1999年10月1日から2000年6月30日までテレビ東京系列で毎週金曜18:30〜19:00まで放送された。

OP『明日になったら・・・』


【声の出演】
ドンキーコング:山寺宏一
ディディーコング:林原めぐみ
クランキーコング:中尾隆聖
キャンディーコング:かないみか
ファンキーコング:BANANA ICE
ディクシーコング:ベッキー
【スタッフ】
企画:山内克仁、久保雅一
原案:宮本茂
企画協力:小学館キャラクター企画室
調整:なしもとりょうこ
編集:金沢直樹
音響プロデューサー:南沢道義
製作担当:渡辺美紀
制作:HALF H・P STUDIO
演出:高橋剛
プロデューサー:斉藤郁(テレビ東京)、柳沢隆行
制作:テレビ東京、小学館ミュージック&デジタルエンタテインメント、テレビ東京メディアネット
posted by スーパーゲーマーまさかず at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | TVアニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月10日

テレビ大阪

テレビ大阪は、大阪府を放送対象地域とするテレビ東京系列のテレビ局。1982年3月1日開局。コールサインはJOBH-DTV。マスコットキャラクターは『たこるくん』。

クロージング(2002年10月 -、アナログのみ)

たこるくんバージョン
オープニング(2003年12月 -、デジタルのみ)

posted by スーパーゲーマーまさかず at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | TVOPED | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月09日

怪物くん

『怪物くん』は、藤子不二雄A作の漫画作品で、1965年から1969年まで『少年画報』、1967年から1969年まで『週刊少年キング』、1980年から1982年まで『月刊コロコロコミック』『小学館の学習雑誌』『てれびくん』に連載された。
TVアニメはモノクロ版は1968年4月21日から1969年3月23日までTBSテレビ系列『不二家の時間』枠にて毎週日曜日19:30〜20:00まで、カラー版は1980年9月2日から1982年9月28日までテレビ朝日系列で毎週火曜日19:00〜19:30まで放送された。

モノクロ版OP1『おれは怪物くんだ』

アニメ第1作ED2『怪物くん音頭』


【モノクロ版声の出演】
怪物くん:白石冬美
フランケン:今西正男
ドラキュラ:大竹宏
オオカミ男:兼本新吾
ヒロシ:松島みのり
お姉さん:向井真理子
【モノクロ版スタッフ】
原作:藤子不二雄A
監督:大隅正秋
演出:鈴木伸一、大隅正秋、石黒昇、秦泉寺博、岡部英二 他
作画:鈴木伸一、富永貞義、秦泉寺博、甲藤征史 他
音楽:岡本道夫
制作:TBSテレビ、東京ムービー、スタジオ・ゼロ

アニメ第2作OP『ユカイツーカイ怪物くん』


【カラー版声の出演】
怪物くん:野沢雅子
フランケン:相模太郎→兼本新吾
ドラキュラ:肝付兼太
オオカミ男:神山卓三
怪子ちゃん:増山江威子
ヒロシ:三輪勝恵
【カラー版スタッフ】
原作:藤子不二雄A
作画監督:本多敏行、鈴木信一
美術監督:川井憲
美術設定:川本征平
基本設定:芝山努
文芸:松岡清治
撮影監督:金子仁
音楽:筒井広志
録音監督:浦上靖夫
演出:福富博
脚本:松岡清治、山田隆司、高屋敷英夫、松下幹夫、浦沢義雄、宮田雪、大和屋竺、草川昭、鶴見和一、山本有子、丸尾みほ
コンテ:福富博、野田作樹、中原誠、鈴木孝夫、奥田誠治、吉田浩、井内秀治、やすみ哲夫、安藤敏彦、山田道代、児玉兼嗣、芝山努、池田成
編集:井上編集室
プロデューサー:菅野哲夫、別紙壮一、真田芳房
制作:テレビ朝日、シンエイ動画
posted by スーパーゲーマーまさかず at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | TVアニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月07日

新潟総合テレビ

新潟総合テレビは、新潟県を放送対象地域とするフジテレビ系列のテレビ局。1968年12月16日開局。コールサインはJONH-DTV。マスコットキャラクターは『ナシテ君』。

オープニング(開局 - 1991年9月)

サイケアニメ。オープニングは目・耳・口、そしてストップウォッチを押す画の後、花々と男女、働く人々、港、工場の画が次々とフラッシュしてゆく。そして新潟県の画をバックに『JONH-TV』、『新潟総合テレビ』のロゴが映し出され、モザイク模様をバックに『NST』のロゴ、最後に『35ch 弥彦送信所、中継局43局』のテロップが表示される。以上、セル画制作フィルム収録による1分間の映像。映像は全体を通して紫色、朱色、オレンジ色など原色系をふんだんに使用しており、これが後に『サイケ』の通称で呼ばれるようになった。BGMは音楽のみが流れ、ナレーションは無く、詳細な技術情報も表示されなかった。
クロージング(開局 - 1991年9月)

サイケアニメ。クロージングは30秒間で、映像構成が一部異なる。
オープニング・クロージング(2006年4月 -)

OPは『海と日の出』、EDは『海と月』。いずれもステレオで、ハイビジョン収録のCG映像。オープニングは海から上り出る太陽と流れ行く雲、クロージングは月明かりに照らされた海の上を流れ行く雲。いずれも『新潟総合テレビ』『JONH-TV』『JONH-DTV』のロゴが次々と表れ、最後に『NST NIIGATA SOGO TELEVISION』の社ロゴが表示される。アナログ・デジタルで共用している。
posted by スーパーゲーマーまさかず at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | TVOPED | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月06日

キテレツ大百科 #1

『キテレツ大百科』は、藤子・F・不二雄作の漫画作品で、1974年から1977年まで家の光協会『こどもの光(現:ちゃぐりん)』に連載された。
TVアニメ版は1988年3月27日から1996年6月9日までフジテレビ系列で毎週日曜19:00〜19:30まで放送された。

OP1『お嫁さんになってあげないゾ』

OP2『ボディーだけレディー』

OP3『夢見る時間』

OP4『はじめてのチュウ』

OP5『スイミン不足』

OP6『お料理行進曲』
posted by スーパーゲーマーまさかず at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | TVアニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月05日

ポップンミュージック8

『ポップンミュージック8』はコナミが開発したゲームで2002年5月30日にアーケード版が登場した。また2003年7月3日にプレイステーション2から家庭版が発売された。

AC8(license) タッチ『タッチ』♪新谷さなえ

ACx(secret) スペシャルクッキング『100sec. kitchen Battle!』♪Orange Lounge

ACx(secret) キャンディポップ『CANDY』
posted by スーパーゲーマーまさかず at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | TVゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月03日

任天堂 ファミコン

ファミリーコンピュータは、1983年7月15日に任天堂より発売された家庭用ゲーム機。
なお、この記事では懐かしのファミコンCMをお送りする。

任天堂 ファミコン登場(1983)

麻雀、五目ならべ、ポパイ、ドンキーコング、マリオブラザーズ
ナムコ ディグダグ(1985)

スクウェア・エニックス ドラゴンクエスト(1986)

任天堂 リンクの冒険(1987)

ファミマガVideo特別企画 ファミコンCMベスト10

たけしの挑戦状、ナムコ隊登場編、奇々怪界、リンクの冒険、スーパーマリオブラザーズ2・ゼルダの伝説、バレーボール、ラサール石井のチャイルズクエスト、ロボットシリーズ、スペースインベーダー・他、ドラゴンクエスト、がんばれゴエモン2、ファミコンウォーズ、ゴルフUSコース
ファミコンCMセレクション

テニス・ピンボール・ゴルフ、ワイルドガンマン・ダックハント・ホーガンズアレイ、アーバンチャンピオン・クルクルランド、ロボットシリーズ、スーパーマリオブラザーズ、エキサイトバイク、バルーンファイト・アイスクライマー、レッキングクルー
posted by スーパーゲーマーまさかず at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | CM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月02日

とっても!ラッキーマン

『とっても!ラッキーマン』は、ガモウひろし作の漫画作品で、1993年から1997年まで集英社『週刊少年ジャンプ』に連載された。
TVアニメは1994年4月6日から1995年3月23日までテレビ東京系列で毎週水曜18:00〜18:30→毎週木曜19:00〜19:30まで放送された。

OP『ラッキーマンの歌』


【声の出演】
追手内洋一/ラッキーマン:田中真弓
杉田努力/努力マン:千葉繁
目立たがる/スーパースターマン:岩永哲哉
名犬ラッキー/ラッキーワン:桜井敏治
磯野勝利/勝利マン:森川智之
みっちゃん:松井菜桜子
【スタッフ】
原作:ガモウひろし
企画:大野実(読売広告社)、布川ゆうじ(スタジオぴえろ)
シリーズ構成:浦沢義雄
音楽:本間勇輔
キャラクターデザイン、オープニングアニメーション:金田伊功
美術監督:池田祐二
撮影監督:渡辺英俊
音響監督:清水勝則
音楽協力:テレビ東京ミュージック
プロデューサー:岩田圭介(テレビ東京)、木村京太郎(読売広告社)、本間道幸(スタジオぴえろ)
アシスタントプロデューサー:位下博一(読売広告社)、押切直之(スタジオぴえろ)
監督:鍋島修
動画チェック:手塚寛子、館山富美子、児玉八重子、岡村隆、川口知子、豊島光子、池沼有美、山田玲子、岡英和、弓納持幸子
色彩設計、色指定:いわみみか
特殊効果:池田健司、まちゃみ
仕上検査:中井昌樹、清水佳子、岡野強、石澤梨絵、上原由紀子
効果:井上裕(アニメサウンドプロダクション)
制作デスク:三上孝一
文芸進行:藤本雅子
演出助手:広田麻由美
制作進行:鈴木重之、三宅芳憲、早坂哲也、藤井達司、矢澤真紀、桑原智、杉田祥子、笠森恒郎、道下直樹、渡部隆、青木敬一朗、押切美緒、石沢真二、本間理沙
制作:テレビ東京、読売広告社、スタジオぴえろ
posted by スーパーゲーマーまさかず at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | TVアニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月01日

ひらけ!ポンキッキ #3

今回の『ひらポン』は管理人オススメのうた(第2弾)!

ホネホネロック

ごあいさつのうた

ガチョウの物語

パップラドンカルメ
posted by スーパーゲーマーまさかず at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 子ども番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。